エコドライブのコツ

エコドライブ上達テクニック

VOL.7 『天気と燃費の意外な関係とは?』

天気や温度によってもかわってくる燃料使用量。今回は、雨の日の注意点を伺いました。

今日はあいにくの天気ですねぇ。

エコドライブ的には残念ですねぇ。

? 雨ってエコドライブと関係があるんですか?

もちろん。大いに関係ありますよ。雨、温度、つまり気候と燃費は密接な関係があるんです。

さっぱり見当つかないんですけど……。話の流れからいくと雨だと燃費がよくないってことですよね? どうしてですか?

水の抵抗がありますから晴れや曇りの日より燃料を使うんですよ。だいたい降水量1㎜で燃費が1%程度落ちると言われています。

でも、雨の日こそ車を使う場合も結構ありますよね。

もちろん。だから雨だからって運転をあきらめる必要はありませんよ。雨の日なりの運転方法というものがありますから。

雨の日の運転?

まず、なるべく水たまりの少ないところを走ることです。たまに轍に沿って走る方もいらっしゃいますけど、轍は水がたまっているのでなるべく通らない方がいいんですよ。

なるほど~。たまに水を歩道にバシャンってかけて走る車、いますよね。あれは乱暴なだけじゃなくてエコドライブ的にもダメなんですね。

ずいぶんエコドライブを理解してきましたね、エーコさん。

へへへ。もう今日で7回目ですから。

では質問です。雨の日の運転で他に何を気をつけたらいいかわかりますか?

うーん……。雨だとワイパーくらいしか思いつかないけど、ワイパーはエコドライブと関係なさそうだしなー。

エーコさん素晴らしい! そう、ワイパーですよ、ワイパー。

えー、まさかワイパーにもコツが?

ええ、ありますとも。ワイパーはモーターを使って動かすので電気負荷がかかっているんです。もちろん走行中は必要ですから適度に使いますけど、停止しているときはすぐに止めますね。

さすが淵上さん、徹底してますねー。ちなみにワイパー以外も、ライトとかオーディオとか電気機器がありますよね? それも関係あるんですか?

今日のエーコさんは冴えてますね。そのとおりですよ。たとえばスピーカーは昔に比べて性能よくなっていますが電力を使います。ときどき外まで聞こえるような大音量で音楽を聴いている方もいらっしゃいますが、あれは非常によくないですね。

でもエコドライブをすると自然に穏やかな運転になるから、そんな大音量は必要ないですよね、そもそも。

エーコさん、ちょっと見直しましたよ。いや、見くびっていたわけではありませんが、今日のエーコさんはいつもにもまして素晴らしい。

いや、それほどでも……。あまり褒められるのって慣れてないんで、なんか居心地悪いなぁ。

あ、でもひとつ。このライトも燃費に影響しますよ、エーコさん。こうやって信号待ちで止まったときは、すぐスモールにしてください。

あ、はい、スモールですね。はぁ、でも淵上式に運転していると忙しいですねぇ。

そのとおりです。おしゃべりに夢中になっている場合ではありませんよ、エーコさん。

はーい。注意されるほうがしっくりくるな、やっぱり。

今日のエコドライブポイント!

停止中はライトやワイパーも控えめに。

電気機器類は「必要なときに必要なぶんだけ」を心がけましょう。