エコドライブのコツ

エコドライブ上達テクニック

Vol.6 『ブレーキを使わない運転って!?』

エコドライブの大敵、急ブレーキはどのようにしたら防げるのでしょうか? 穏やかな「ふんわりブレーキ」のコツをお伝えします。

===== キーーーーっ =====

きゃっー、前の車すごい横入り。もう少し緩やかに車線変更してくれないかなー、危ないなー。

本当に困ったものですね、こういう車がいると。せっかくのエコドライブも台無しです。

今のブレーキのかけ方、まずかったですか?

安全上、今のケースは急ブレーキをかけざるを得ませんよ。ただエコドライブの場合、急ブレーキは基本NGと思ってくださいね。

急ブレーキがなぜダメなんですか?

急ブレーキがいけないというより、ブレーキを使わなくてすむ運転のほうがいいんですよ。

またまた~。淵上さんってときどき本当に無謀なことおっしゃいますよね~。

ブレーキを踏むということは、エネルギーを無駄に捨てているということです。エコドライブの大敵ですよ。

でも、車を止めるにはブレーキ踏まないと止まらないじゃないですか。

エーコさん、前回の講習を思い出してください。

……ええと、ええと……見えないものまで見る!!

確かにその話もしましたけれど、もっと大事なことがありましたよね。

でも、あの話インパクトありましたよね~、先の先まで予測するって。もう淵上さんって本当にすごい素敵! かっこいい! 惚れました!

ごまかしてもダメですよ、エーコさん。

また、バレれましたか……。

だんだんエーコさんの反応が先読みできるようになりましたね。

そんな簡単にわかってたまるもんですか!

ではお答えは?

えーと……。
あーーー、思い出しました!! オフ、オフ、オフ、アクセルオーフ!!

時間はかかりましたが、まあよしとしましょう。そう、早め早めのアクセルオフ。アクセルオフした時点でエンジンブレーキが効きますからね。

普通のブレーキとどう違うんですか?

車によっても多少異なりますが、エンジンブレーキの状態だと燃料を使わない、もしくは少ない燃料で済む場合が多いんですよ。

ええっ、本当ですか!? 知らなかった!! エンジンブレーキってギアを使わないとできないと思ってました。でも、アクセルオフするだけなら簡単ですね!

そう、だから誰でもできるのがエコドライブなんですよ。フラットな道ならアクセルオフで十分ですが、速度が出すぎる下り坂では、スポーツモード、もしくはセカンドにシフトダウンして、燃料消費量の削減に加えて、安全にも効果のあるエンジンブレーキを活用しましょう。

前もおっしゃっていましたけど、ちゃんと前の車の動きを見ていないとブレーキをいっぱい使うことになっちゃいますね。何か目安ってありますか?

私は3台前のブレーキランプが灯ったらアクセルオフにして、エンジンブレーキで減速するようにしています。あと、よく通る道なら電柱を目安にしています。

電柱?

たとえば、時速40㎞なら信号の手前3本前、時速50㎞なら信号の手前5本前、とかね。

さすが淵上さん! 芸が細かい!

芸じゃないですから。

あ、失礼しましたお仕事でしたね……。

仕事というより、もう趣味みたいなものですね。

仕事が趣味! かっこいいな~淵上さん!

今日のエコドライブポイント!

エンジンブレーキを効果的に使いましょう。

急ブレーキにならないように、3台前のブレーキランプを目安に早めにアクセルオフしましょう。