エコドライブのコツ

エコドライブ上達テクニック

VOL.4 『せっかちエーコ、実は令嬢だった!?』

エーコのペースに振り回され気味の教習会もいよいよ本格始動! まずは発進のコツからスタートです。

淵上さ~ん、遅れちゃってごめんなさい! タクシーに乗ったら道が混んでて……。しかもタクシーの運転が荒くてちょっと気分が……。

そういえば顔色がよくないですね、大丈夫ですか? では少し休んでから始めましょうか。しかしそのタクシーはひどいですね。

確かに急いでと言ったのは私ですけど、急発進したり急ブレーキ踏んだりしてすごい揺れで……。

なんですと! そのタクシー会社にエコドライブを教えないといけませんね!

急発進急ブレーキってエコドライブと関係が?

もっとも関係があるといってもいいでしょう。エーコさん、今日のタクシーは不運だったと思いますが、エコドライブといい比較ができそうです。顔色もよくなってきたようですから、そろそろ車に乗りましょうか。

はい、よろしくおねがいします!

では、発進準備が終わったらエンジンをかけてギアをドライブにいれてください。

はい(キュルルルル)。で、安全確認、即発進ですよね、アクセル!

待った!! ちょっと待った!!

だって淵上さん、前回、エンジンかけたら安全を確認して、すぐ発進っておっしゃったじゃないですか?

確かにそういいましたが、何も間髪いれずアクセル踏むとはいっていませんよ。というのも、AT車の場合、ブレーキを離すだけで車が動きますよね。これをクリープ現象といいますが、その力を発進の際に使うんです。

少ししか動きませんけど、こんな力が何か役にたつんですか?

もちろんです。自転車の運転にたとえると分かりやすいと思いますが、最初の漕ぎだしは重たいですよね? でも少しでも動いていたら軽く動かせる。車も自転車も原理は同じです。どんな少しの力でも利用しない手はありませんよ。

エコドライブって地味~。

おっしゃるとおりです。でも地道な努力の積み重ねがランチ数回分、ディナー1回分というガソリン代に影響するのですから侮れませんよ。

そ、そうだった!! やりますよ、やりますとも、地味で結構!

切り替えが早いというか単純というか……。

頭の回転が速いんですっ!

相変わらず面白いですね、エーコさん。
さてさて、雑談はこのへんで終わりにしましょうか。まず、クリープ現象をうまく利用してからアクセルを踏みますが、とにかく優しく踏んでくださいね。

優しく踏むってどのくらいですか?

目安となる数値は、時速20㎞に達するのに5秒程度です。感覚がつかめれば自然にできると思いますが、最初は数値を目安にしてみてください。あとは、雪道で車を運転する時はそっと発進しますよね。あの感覚をイメージするのもよいでしょう。

ずいぶん穏やかに発進するんですね。

いいところに気づきましたね。私たちはこの発進のことを「ふんわりアクセル」と呼んでいます。

私、今まで黙っていたんですけど、実はちょっとせっかちなんです。

わかりますよ(笑)。そうですね、だったらエーコさん、深窓の令嬢をイメージしながら優雅な動きを心がけましょうか。

なるほど。私は山手の洋館に住むエーコ。ごきげんよう。アクセルだってゆっくり踏めましてよ。

エーコさん、あなたは本当に幸せな方です……。

今日のエコドライブポイント!

クリープ現象を利用しながら「ふんわりアクセル」で発進!

あせって急発進しないよう気をつけましょう。